悪夢の張緑水(チャン・ノクス)/朝鮮王朝悪女列伝2

庶民の恨みを買っていた

張緑水は、王の側室となり、実の兄とその息子を高官にまで出世させた。また、暴政を続ける燕山君を毎日のように酒宴に誘い、いっそう堕落させた。
さらに、張緑水は国の金庫が空になるほど金銀財宝を使い果たした。
張緑水のこうした悪行は庶民をさらに苦しめた。
1506年、燕山君はクーデターの末に王位を剥奪された。




このとき、燕山君と一緒に甘い蜜を吸っていた臣下の多くが処罰の対象になった。張緑水も例外ではない。
彼女は捕らえられると、庶民の前で斬首刑に処せられた。
しかも、むごたらしく処刑された彼女の遺体に向かい、多くの庶民が石を投げつけたという。それほど、張緑水は庶民の恨みを買っていたのだ。
彼女は現在も「朝鮮王朝三大悪女」に数えられている。



ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る