悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5

呪い殺すための儀式

張禧嬪は危機感を抱き、淑嬪・崔氏に陰湿な嫌がらせを始めた。
粛宗は、傲慢に振る舞う張禧嬪に不信感を抱くようになった。そこで彼は、庶民に降格していた仁顕王后を復位させて、張禧嬪を正室から降格させた。1694年のことだ。
この決定に憤った張禧嬪は、自分の侍女たちに命じて仁顕王后の寝室を見張らせた。さらには、仁顕王后を呪うための儀式も続けた1701年、仁顕王后は病に倒れて亡くなってしまう。張禧嬪は王妃に返り咲けると思ったのだが、彼女が仁顕王后を呪い殺すための儀式をしていたことが、淑嬪・崔氏によって粛宗に伝えられた




怒った粛宗は、張禧嬪の弁解に耳を傾けず死罪を宣告した。
こうして、己の野心のために宮中を混乱させた張禧嬪は、世を恨みながら息を引き取っていった。
せめてもの救いは、張禧嬪が残した息子が後に20代王・景宗(キョンジョン)になったことかもしれない。

王の顔を引っかいた廃妃・尹氏(ユンシ)/朝鮮王朝悪女列伝1

極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

性悪の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝悪女列伝4




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る