トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(後編)

 

そんな張禧嬪(チャン・ヒビン)にとってショックな出来事が起こる。1694年9月20日に淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏が息子を産んだのだ。この息子が、後の21代王・英祖(ヨンジョ)になる延礽君(ヨニングン)だ。

淑嬪・崔氏の告発

この当時、王の後継者である世子(セジャ)になっていたのは、張禧嬪が産んだ昀(ユン)だった。
しかし、粛宗(スクチョン)の気持ちがいつ変わるかわからないため、張禧嬪は不安でいっぱいだった。王妃に戻りたい気持ちもあって、仁顕(イニョン)王后にきつく当たった。
そんな張禧嬪の様子に、粛宗は世子を淑嬪・崔氏の子である延礽君に変えるべきかと考えるようになった。




1700年になると、仁顕王后が病床に伏せてしまう。
その後も、彼女の容態は回復の兆しを見せず、1701年8月に34歳で世を去った。
仁顕王后を慕っていた淑嬪・崔氏は、粛宗に、張禧嬪が仁顕王后に対して呪詛(じゅそ)を行なっていたことを伝えた。それを聞いた粛宗は激怒して、ついに張禧嬪を処罰することを決めた。(ページ2に続く)

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る