慶熙宮(キョンヒグン)/朝鮮王朝王宮探訪5

正殿の崇政殿(スンジョンジョン)

崇政殿の中には玉座も見える




復元工事の賜物

1910年に朝鮮半島は日本の植民地になりましたが、その時代に古い施設が撤去されて学校が建てられ、かつて王宮であった痕跡がなくなってしまいました。朝鮮王朝はすでに滅んでいて、初代王の威光も意味をなさなくなっていたのです。
解放後にはソウル高等学校となっていましたが、1987年にその高校を移転させて本格的な復元工事が始まりました。


ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る