英祖(ヨンジョ)の生涯2/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたか

王として即位した延礽君

景宗が世を去ったことで、世弟(セジェ)だった延礽君が1724年8月30日に昌徳宮(チャンドックン)の仁政門(インジョンムン)で即位式を行ない、21代王・英祖(ヨンジョ)となった。このとき彼は30歳だった。




英祖が新たな王となったことで、老論派と少論派の立場が逆転した。追放されていた老論派が政権に返り咲き、少論派の高官たちを次々に弾劾(だんがい)していった。しかし、各派閥から公平に人材を登用する蕩平策(タンピョンチェク)という政策を考えていた英祖は、その報復を最小限に抑えた。
その蕩平策によって、今まで働く場を与えられなかった官僚たちに重職が与えられ、彼らが職務を全うすることで政治が活性化していった。この政策は、人材を生かすうえで効果を発揮した。それで自信を深めた英祖は、党争を克服して政治改革を進めようとしたが、順風満帆とはいかなかった。このとき、景宗毒殺の首謀者という噂が流れていて、それは英祖をとても悩ませていた。(ページ3に続く)

英祖(ヨンジョ)の生涯3/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたか

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る