光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

暗愚な国王

周囲が不穏になっていたのに、光海君は迂闊(うかつ)だった。よもやクーデターが起きるとは思っていなかったのだ。
1623年3月13日の明け方、綾陽君に率いられたクーデター軍は、内通者の協力を得て王宮の中に侵入した。
本来なら万全の守りを固めているはずの護衛兵たちも、クーデター軍に抵抗しなかった。それほど内通者たちは巧みに味方を増やしていた。




虚をつかれた光海君は、わずかなお供を連れて逃げるしかなかった。しかし、綾陽君はそれを見抜いていて、光海君はすぐに捕らえられた。
こうしてクーデターは計画どおりに成功した。綾陽君は亡き父と弟の恨みをしっかりと晴らしたのである。
光海君は流罪となり、綾陽君が16代王の仁祖(インジョ)として即位した。
その仁祖だが、クーデターを成功させるまでは卓越した戦略性と優れた統率力を持っていたのに、いざ王になると別人のように振る舞い、凡庸な政治しかできなかった。
彼の才能は、光海君に対する恨みを晴らした時点でほぼ枯渇したのである。以後の彼は、暗愚な国王として朝鮮王朝を危機にさらした。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

https://goo.gl/yNieMQ

光海君(クァンヘグン)の廃位!激動の朝鮮王朝史7

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1

朝鮮王朝実録を読む3/「燕山君の追放」と「光海君の廃位」



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る