イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

祖父ゆずりの読書好き

孝明世子は容貌に優れ、頭脳も明晰だったという。今でいえば、イケメンのエリートだったわけだ。
祖父は時代劇『イ・サン』の主人公になった正祖(チョンジョ)だが、読書好きで知られた正祖ゆずりで、とにかく本を読むことが好きだったという。
この孝明世子は、父の純祖の命令によって、18歳から代理聴政(テリチョンジョン/摂政のことで政治の執権を代行すること)を行なった。




その際には安東・金氏の勢力に対抗して新しい人材を登用したというから、もし孝明世子がもっと生きて順当に王になっていれば、政治を刷新していたに違いない。
本当に惜しい若者が早世してしまったものだ。
そういう気持ちで『雲が描いた月明り』を見ると、ドラマで描かれた孝明世子にさらに関心を持てるだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=「ロコレ」http://syukakusha.com/

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

https://goo.gl/8FgBBy

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

淑儀(スギ)や昭容(ソヨン)や貴人(キイン)は何?/側室の品階について



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る