光海君(クァンヘグン)はなぜ兄の臨海君(イメグン)をさしおいて王になれたか?

朝鮮王朝のしきたり

国の危機に立ち上がって地方に行った宣祖の息子たちであったが、臨海君は加藤清正の軍勢に捕まり、捕虜になってしまった。そのうえで、加藤清正軍が転戦するときに、一緒に連れ去られて行ったのである。
さらに言うと、豊臣軍と朝鮮王朝側の和平交渉においては、捕虜になっていた臨海君が交渉の材料にされてしまった。




これは彼にとっては大変な屈辱であった。
一方の光海君は、義兵を集めて戦功をあげて評価を高めた。
つまり、朝鮮出兵の際に兄の臨海君は捕虜となり、弟の光海君は国のために大きな働きをしたのだ。
もともと能力的にも性格の荒い臨海君より、光海君のほうが頭脳明晰だったのは確かである。
しかし、よほど臨海君が不的確でなければ、原則にのっとって彼が世子になるというのが、それまでの朝鮮王朝のしきたりであった。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1

光海君(クァンヘグン)の廃位!激動の朝鮮王朝史7



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る