粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

無念の母

ときは真冬だった。
明聖王后はあまりに冷水を浴びすぎたゆえに寝込んでしまった。
無理がたたったのである。
結局、明聖王后は1683年に世を去った。まだ41歳だったが、我が子を溺愛する気持ちが死を招いた。




不思議なことが起きるものだ。明聖王后が亡くなると、粛宗の熱が下がって彼は全快したのである。
母は自らの身を犠牲にして息子を救ったともいえる。
明聖王后が亡くなったあと、もう張禧嬪を敵視する人はいなかった。粛宗の希望もあって、張禧嬪が王宮に呼び戻された。
以後、張禧嬪は粛宗の寵愛を一身に受けた。
彼女は側室になり、1688年に粛宗の長男を産んだ。さらに、1689年に仁顕王后が廃妃となり、空いた王妃の座に昇格した。
こうした張禧嬪の栄華を、草葉の蔭で明聖王后はどんなに嘆いたことだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)を死罪にするとき何を語ったか

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)

張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女物語4



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る