〔物語〕イ・ヨン(孝明世子)はどのように亡くなったのか

自ら漢方薬の種類を決める

王家の治療チームの中に、漢方薬に詳しい官僚も加えられた。当時の朝鮮王朝の中で漢方薬の専門家が身分を越えて集められたのである。事態はそれほど深刻だった。
しかし、5月になると病状がいくらか落ちついた。
そのときの孝明世子は昌徳宮(チャンドックン)の中にある熙政堂(ヒジョンダン)で病床に伏せていたのだが、5月2日には側近の臣下たちを呼んでいる。話ができるほどに回復してきたと見ることができる。




さらには、孝明世子が自ら漢方薬の種類まで決めている。彼は薬についても相当詳しい知識を持っていたのだ。
5月4日になると、孝明世子の妹であった明温(ミョンオン)公主(コンジュ/王の正室が産んだ王女のこと)の夫が病床を見舞っているし、側近の臣下たちも再び孝明世子に呼ばれている。
病状も小康状態といったところだったのだが……。(ページ3に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

https://goo.gl/8FgBBy

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

淑儀(スギ)や昭容(ソヨン)や貴人(キイン)は何?/側室の品階について



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る