〔物語〕イ・ヨン(孝明世子)はどのように亡くなったのか

病状が急変

5月5日、治療チームの中に丁若鏞(チョン・ヤギョン)が加わった。
丁若鏞といえば、朝鮮王朝の後期を代表する思想家で名著が多い。なによりも、漢方薬の知識も凄かった。
『雲が描いた月明り』でも世子が丁若鏞にいろいろと教えを受ける場面が出てくるが、現実の世界で丁若鏞は病床の孝明世子を診察し、重大な事実を知ってしまった。




それは、「孝明世子の命がまもなく尽きる」ということだった。
しかし、丁若鏞は冷静さを保って薬院の人に言った。
「症状に合う薬が私のところにあります。人をやって、すぐに取り寄せなければなりません」
そう言った丁若鏞だったが、彼の家は王宮からあまりに遠かった。薬を取り寄せている間に孝明世子の病状が急変し、5月6日に亡くなった。
熙政堂は悲しみに包まれた。あまりに早い21歳の死。誰もが朝鮮王朝の未来に希望を持てなくなってしまった。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)
記事提供:「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

https://goo.gl/8FgBBy

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

淑儀(スギ)や昭容(ソヨン)や貴人(キイン)は何?/側室の品階について



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る