〔物語〕張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

高官たちの反対

1689年5月6日、粛宗は数名の高官を集めて重大な発表を行なった。その中には、領議政(ヨンイジョン/総理大臣に相当する)の権大運(クォン・デウン)もいた。
まず、粛宗はこう切り出した。
「今、中宮がいないのだが、1日でも早く新しい中宮を決めなければいけないと思わないか? 張禧嬪は良家に生まれ、宮中に入ってからも徳を積み、一国の母になるのにふさわしいと思う。よって、王妃にしたいので、礼節にのっとってすぐに実行せよ」




高官たちはお互いに顔を見合わせ、困惑した表情を浮かべた。高官を代表して権大運が口を開いた。
「すでに殿下がお決めになったことですから、下にいる者たちがどうして違う意見を述べることができましょうか。とはいえ、あまりに重大なことですから、品階が二品以上の者たちを集めるのが適当かと思われます」
権大運が言った「二品以上の者たち」というのは、国の重要な政策に関与する大臣級の高官をさしている。しかし、粛宗は急に怒りだして、権大運をにらんだ。彼は側近たちの言葉にいちいち喜怒哀楽をはっきり表す性格だった。
「大勢で議論しようというのか」
粛宗の怒気を含んだ問い掛けに対して高官たちも負けずに反論した。(ページ4に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

https://goo.gl/s9TzjY

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

https://goo.gl/MhzjtJ

仁顕(イニョン)王后!一度は廃妃になった悲劇の王妃

https://goo.gl/ao1HCA



ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る