〔物語〕イ・バンウォン(李芳遠)の人生!朝鮮王朝の3代王

第一次王子の乱

<おそらく鄭道伝の策略に違いない。芳碩は私たち兄弟をなき者にする気だな。そうはさせんぞ>
芳遠は私兵を集めると王宮の周囲に待機させ、自身も服の下に甲冑を着込み王宮へ向かった。
芳遠の予想通り、芳碩も鄭道伝も王宮の庭に姿を見せなかった。芳遠は手はず通り、兄弟たちにこの危機を知らせて王宮から退避させると、王宮に私兵を突入させた。
「鄭道伝が芳碩と組んで、我々王子たちを皆殺しにしようとしている。これは明確な叛乱である! いまこそ逆賊を打ち倒すのだ」
この日のために準備してきた芳遠の私兵は強く、鄭道伝たちの軍勢を寄せ付けなかった。そして、芳遠は逃走する余裕も与えないままに鄭道伝を斬った。同じように芳碩と芳蕃を殺した。太祖には2人が反乱を企てたと報告した。




しかし、太祖はその言葉を信じず、芳遠を反逆者呼ばわりして罵った。
「貴様ら、誰の前で剣を振り回しているのかわかっているのか。性根を叩きなおしてやる!」
李成桂の怒りはおさまらなかったが、芳遠は必死にその場をおさめた。
こうして、後継ぎの座を巡って王子たちが殺しあった「第一次王子の乱」は、多くの血を流して幕を閉じた。
この事件に最もショックを受けたのは太祖であり、彼はその1398年に王位を退いた。代わって王位についたのは次男の芳果だった。芳遠もいきなり自分が王になるのは時期尚早と考え、とりあえず一歩下がったのである。(ページ3に続く)

イ・バンウォン(李芳遠)とチョン・ドジョン(鄭道伝)をめぐる悲劇!

イ・ソンゲ(李成桂)とイ・バンウォン(李芳遠)!朝鮮王朝を作った親子の確執

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

https://goo.gl/f6tgDD

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

https://goo.gl/6fGtS3



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る