粛宗(スクチョン)が激怒した張禧嬪(チャン・ヒビン)の母親侮辱事件!

西人派の失態

粛宗は司憲府をやり玉にあげた。
「貴人の母親が宮中に入ろうとしたときに、司憲府がこのように侮辱したという話は聞いたことがない。司憲府はなぜこんなことをしたのか。輿に乗って宮中に入ることは余が許可したものであり、もともと慣例にもあることなのだ。王子の祖母が、王の許可を経て宮中に入ろうとしたのに、これほどの侮辱を受けるとはとんでもないことだ」
粛宗は、王権に対する司憲府の挑戦だと考えた。同時に、粛宗はこの事件を、生まれた王子に対する西人派(当時の主流派閥)の脅迫だと受け取った。なぜなら、張禧嬪の実母をとがめたのは、西人派の高官たちばかりだったからだ。




西人派が、張禧嬪の母親を侮辱した理由ははっきりしている。西人派は、対抗勢力だった南人派(張禧嬪を支持していた派閥)が強くなることを恐れ、あまりに過剰に反応しすぎてしまったのだ。
王子と言っても側室が産んだのだが、他に王子がいない状況においては、西人派は張禧嬪の出産を自分たちの生死に関わる重要事件と捉えた。どんなことをしてでも、この王子が即位するのを防がなければならなかったのだ。
しかし、粛宗の逆鱗(げきりん)に触れてしまった。西人派の失態だったと言えるだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る