朝鮮王朝の国王は「毎日が激務」だった

過労死が多かった?

王の毎日の実務がどれほど大変だったのか。
王の日々の営みを見てみよう。
起床時間は午前5時頃。儒教の国らしく、まずは母や祖母といった年長の人たちに挨拶をする。
それから朝の学習を行なう。儒教の経書を読み、高等官僚たちと学問討論をする。その後に朝会に臨む。大臣や担当部署の者から報告を受けて、適切な指示を出す。




午後になると、各地の現状の把握に務めた。
これでもまだ1日の務めは終わらない。
夕方には再び学習に没頭し、文化と教養の修得に努めた。自由時間は、夕食後に少しあるだけだった。
朝鮮半島を統治する最高権力者としての王。これほどの重労働が毎日続くのだから、病に倒れる人も少なくなかった。
それゆえに、平均寿命が46歳だったのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

〔物語〕イ・ソンゲ(李成桂)の人生!朝鮮王朝の初代王

〔物語〕イ・バンウォン(李芳遠)の人生!朝鮮王朝の3代王

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:
1

2

ページ上部へ戻る