光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)!統治能力の違いは?

あまりにひどい外交

まず、クーデターを成功させた身内から反逆者が出て国内が大混乱に陥ったし、その後には後金を「野蛮な国」だと卑下していたずらに刺激してしまった。
怒った後金は、二度に渡って大軍で攻めてきて、結果的に仁祖は土下座するような形で謝罪せざるを得なかった。
それは、1637年1月のことだった。
代償はあまりにも大きかった。




仁祖の3人の息子は人質として清に連れていかれ、さらに数十万人の民衆が捕虜として連行されてしまった。そんな事態を招いたのも、仁祖の外交があまりにもひどかったからである。
民衆の税金を軽減させようとした光海君。
失政によって民衆を苦難に陥れた仁祖。
統治能力がどちらがまさっているかは明らかである。

文=「朝鮮王朝オッテヨ」編集部

これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

廃位となった光海君(クァンヘグン)の最期の地は済州島だった!

仁祖(インジョ)は王子のときに綾陽君(ヌンヤングン)と呼ばれた!

仁祖の息子の孝宗(ヒョジョン)と孫の顕宗(ヒョンジョン)はどんな王だった?



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る