利発な貞明(チョンミョン)公主は才能豊かな女性だった

監獄のような生活

西宮での暮らしはひどかった。
2人は外部との接触を一切禁じられて、家財も没収された。支給される食糧もほんのわずかだった。
まさに、奈落の底に突き落とされる、という表現がピッタリ。
「私はともかく娘だけは……」




それが仁穆王后の率直な気持ちだった。
彼女は娘のためにも、この辛い日々に耐えようとした。いつか監獄のような生活から解放される日を待ち望んで……。
幸いに、貞明公主は利発な娘だった。
彼女は自らの境遇をただ嘆くだけではなく、何かに打ち込むことで、しっかり心の支えにしようとした。
その支えが、貞明公主にとって「書」であった。(ページ3に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

https://goo.gl/z5lJ1z

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

https://goo.gl/VjwFvB

解説!貞明公主はなぜ大地主になれたのか

https://goo.gl/rA1juy

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

https://goo.gl/w5ozSg




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る