イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)が父に出した反省文は逆効果になった!

気絶したイ・ソン

「よく読むと、空虚な言葉を並べただけではないか」
イ・ソンの反省文に対して英祖はそう疑った。
一度そう思ってしまうと、次々に疑念が沸いてきた。イ・ソンに関する過去の悪評も英祖の心に再び甦ってきた。
英祖は息子を呼んで弁明させることにした。





その場でイ・ソンは、父が期待するような改心の言葉を述べられなかった。それどころか、しまいにイ・ソンは泣き崩れる有様だった。その姿を見て英祖は「なんと情けないことか」と憤った。
さらに、イ・ソンは極度に緊張しすぎて英祖の前で気絶してしまった。急いで医官が呼ばれ、緊急の診察を受けた。
それでも状態が良くなかったので、イ・ソンは駕籠(かご)に乗せられて英祖の前から姿を消した。
この出来事は、英祖のイ・ソンに対する親心を決定的に悪くした。結局、イ・ソンが書いた反省文は逆効果を生んでしまったのである。
後にイ・ソンは英祖によって米びつに閉じ込められて餓死するが、せっかくの反省文が生かされなかったことも、親子のさらなる確執の一因になった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)は夫婦仲が悪かった!

「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)は悲劇の親子!

〔物語〕もし思悼世子(サドセジャ)が現代に甦ったら何を語る?



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る