中宗(チュンジョン)のコンプレックスだらけの王座!

38年間の治世

中宗は、混乱したまま趙光祖の断罪を決断せざるをえなくなった。自分がもっとも信頼した側近だったが、最後まで趙光祖をかばうことができなかったのだ。そういう意味では、中宗はあまりに優柔不断すぎる王でもあった。
趙光祖の処罰が決まると、全国の儒生(儒教を信奉する学徒)が大挙して王宮の正門前に来て趙光祖の無実を訴えた。それほどまで彼が慕われていたことは、むしろ中宗には恐怖だった。このまま趙光祖が政権内部にいれば、人望を生かして本当に王位を奪いかねないからだ。
趙光祖は1519年に死罪となった。





趙光祖を見殺しにするしかなかった中宗は、以後も絶大な権力をふるうことができなかった。
結局、彼の治世は38年も続いた。
しかし、高官たちに牛耳られた「38年間」でもあったと言える。
晩年は病気がちで床に臥(ふ)せっているときが多く、そのまま1544年に失意のまま世を去った。その人生は、王でありながらコンプレックスが多いものだった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

中宗(チュンジョン)が燕山君(ヨンサングン)に代わって王になった日!

燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る