筋金入りの悪女だった金介屎(キム・ゲシ)/朝鮮王朝悪女列伝8

政敵を排除した金介屎

そんな光海君の立場を危うくする出来事が起こる。
最初の王妃である懿仁王后が世を去った後、宣祖は仁穆(インモク)王后を新たな王妃として迎えた。その彼女が1606年に息子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んだのである。
初めて正室から息子が生まれたことを喜んだ宣祖は、やがて永昌大君を世子にしようした。しかし、その願いが叶うことはなかった。




なぜなら、永昌大君が生まれた2年後の1608年に宣祖が世を去ってしまったからである。
当時、まだ2歳だった永昌大君が王になるのは不可能なので、世子だった光海君が15代王となった。
それでも、金介屎はまだ安心していなかった。
彼女は、兄の臨海君が王の座を狙って光海君を陥れるに違いないと思い、先手を打って1609年に殺害してしまう。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄の臨海君(イメグン)をさしおいて王になれたか?

これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

〔物語〕もし光海君(クァンヘグン)が現代に甦ったら何を語る?



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る