筋金入りの悪女だった金介屎(キム・ゲシ)/朝鮮王朝悪女列伝8

暴かれた悪事

次に、金介屎の標的となったのが永昌大君だ。彼を排除するために、金介屎は仁穆王后の父親である金悌男(キム・ジェナム)を先に死罪にした。
その影響により、永昌大君は江華島(カンファド)に流罪となり、1614年に殺害されてしまった。





父親と息子を失い悲しみに暮れた仁穆王后。そんな彼女にさらなる悲劇が襲いかかる。なんと、大妃(テビ)の身分を剥奪されて西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されてしまったのである。
光海君の地位を安泰させるために政敵を排除した金介屎だが、結果的に光海君は強い恨みを買うようになった。
そして、1623年に宣祖の孫である綾陽君(ヌンヤングン)が起こしたクーデターによって、光海君は追放されてしまう。
16代王・仁祖(インジョ)として即位した綾陽君は、仁穆王后を徳寿宮から助け出した。その結果、悪事がすべて露見してしまった金介屎は斬首の刑に処された。

文=康 大地(コウ ダイチ)

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄の臨海君(イメグン)をさしおいて王になれたか?

これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

〔物語〕もし光海君(クァンヘグン)が現代に甦ったら何を語る?



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る