作家のホ・ギュン(許筠)/朝鮮王朝の職業人列伝4

 

17世紀初め、史上初めてハングルで書かれた有名な小説が「洪吉童伝(ホンギルドンジョン)」である。筆者は、朝鮮王朝中期の文人のホ・ギュン(許筠/1569~1618年)だった。

体制への反逆者

ホ・ギュンは有名な文人一家の息子として生を受けた。その中でも、ホ・ギュンと姉の許蘭雪軒(ホ・ナンソルホン)の2人は後世でも高く評価されている。
2人は幼い頃から、父と交友関係のある有名な詩人たちから詩を習うことができた。その結果、ホ・ギュンは10歳になる頃には天才と称されるほどのずば抜けた才能を開花させた。




そんなホ・ギュンにかかる周囲の期待は大きかった。しかし、ホ・ギュンが正式な官職に就いたのは26歳と遅く、仕官しても真面目に仕事をせず、ひたすら遊び続けるだけだった。その結果、彼はすぐに官職を没収された。
現代で高い評価を受けるホ・ギュンだが、当時の朝鮮王朝の中で彼は「反逆者」「無法者」という風に見られていた。
ホ・ギュンが体制に不満を持っているのは、誰の目にも明らかだった。彼は常に身分が低い者たちと酒を酌み交わし、世の中の理不尽さを憤った。
このことは、彼が書いた「洪吉童伝」を見れば明らかだ。(ページ2に続く)

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5

巨悪だった貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝悪女列伝6

仁祖(インジョ)の裏で暗躍した貴人(キイン)・趙氏(チョシ)!朝鮮王朝悪女列伝7

筋金入りの悪女だった金介屎(キム・ゲシ)/朝鮮王朝悪女列伝8



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る