朝鮮王朝を建国した初代王・太祖(テジョ)〔李成桂(イ・ソンゲ)〕/朝鮮王朝国王列伝1

初代王となった李成桂

1392年、李成桂は傀儡の恭譲王(コンヤンワン)を退位させて、自ら王になった。翌年には国号を「朝鮮」と決め、都を漢陽(ハニャン/現在のソウル)に移した。
李成桂は庶民が高麗を忘れ、新しい国に馴染めるように様々な改革を行なった。その一つが国教を仏教から儒教にすることだった。
また、李成桂は有能な人材を積極的に登用していくが、一つの悲劇もあった。




高麗への忠誠を捨てきれない臣下たちは、李成桂の呼びかけを無視して、杜門洞(トゥムンドン)という村に身をよせていた。李成桂は村の周りに1カ所の逃げ場だけを作り、火を放った。こうすることで、自分の呼びかけが本気だということを証明したのだ。しかし、120名いた高麗の忠臣たちはほとんど杜門洞から出ずに焼け死んだ。この出来事から、1カ所にこもって出てこないことを「杜門不出」と言うようになった。
こうした悲劇があったものの、李成桂は初代王として国の基礎をつくった。

〔物語〕イ・ソンゲ(李成桂)の人生!朝鮮王朝の初代王

イ・ソンゲ/李成桂が行なった歴史的な「威化島回軍」

イ・ソンゲ(李成桂)とイ・バンウォン(李芳遠)!朝鮮王朝を作った親子の確執

景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る