燕山君(ヨンサングン)の側室だった張緑水(チャン・ノクス)の最期は?

憎まれた悪女

燕山君は迂闊(うかつ)だった。
彼は反乱が起きることを予測しておらず、クーデターの一派が王宮に入ってきたとき、ただブルブルと震えていたという。
あまりにお粗末だった。




結局、燕山君は王位を追われて流罪となった。正妻だった慎氏(シンシ)は廃妃となり、その他に燕山君の取り巻きたちも処罰された。
極刑になったのが張緑水だった。
彼女は斬首となった。
その遺体はしばらく市中にさらされた。見せしめである。
遺体に向かって多くの民衆が唾を吐いて石を投げつけた。暴政のせいで生活が苦しくなった恨みを露骨にぶつけたのである。
たちまち石塚ができるほど、張緑水は憎まれていた。
末路はあまりに悲惨だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

張緑水について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

史上最悪の暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝国王列伝10

燕山君(ヨンサングン)はどれだけひどい暴君だったのか

燕山君の暴政はどれだけ酷かったのか

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る