仁祖(インジョ)が昭顕(ソヒョン)世子の命を奪ったのか?

果たして真相は?

趙氏は昭顕世子と仲が悪かった。しかも、趙氏は仁祖の息子を産んでいて、仮に息子を王にしたいと強く願えば、一番邪魔だったのが昭顕世子だった。
つまり、趙氏には毒殺を進めなければならない有力な動機があった。
しかも、鍼治療を行なったのが、自分の息がかかった医官である。かぎりなく「黒」に近い「灰色」だ。
それでは、仁祖はどうなのか。




常識的には、王が世子を毒殺するというのは考えられないのだが、仁祖には常識が通用しない。昭顕世子が亡くなったあとの仁祖の態度を見ると、非常に疑わしい。
なによりも仁祖は、昭顕世子によって自分が王位を追われるという恐怖心を強く抱いていた。
「世子さえいなければ……」
仁祖がそう思っても不思議はない。
仁祖と趙氏が共謀して李馨益に毒鍼を打たせた、という可能性はかなり高い。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

昭顕(ソヒョン)世子は清での人質生活をどう過ごした?

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された

最大の屈辱を受けた16代王・仁祖(インジョ)/朝鮮王朝国王列伝16

仁祖(インジョ)の屈辱を象徴する三田渡(サムジョンド)の碑!

〔物語〕もし仁祖(インジョ)が現代に甦ったら何を語る?




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る