仁穆(インモク)王后の悲願は光海君(クァンヘグン)の斬首だった!

主張は平行線

仁穆王后には異存がなかった。
綾陽君の即位を認めるつもりだった。
しかし、一つだけ条件を付けた。
それは、つかまえた光海君を斬首にするということだった。
綾陽君はうなずくわけにはいかなかった。
いくら廃位にしたとはいえ、先の王を斬首にすれば、綾陽君が歴史に汚名を残すのは明らかだった。




それでも、仁穆王后は強硬に言った。
「かならず光海君の首をはねてみせる」
しかし、綾陽君はやんわりと断り続けた。
「仮にも王であった人の首をはねるわけにはまいりませぬ」
仁穆王后と綾陽君のそれぞれの主張は平行線をたどった。
とはいえ、綾陽君は最後まで斬首に反対した。
(ページ3に続く)

これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

光海君(クァンヘグン)は本当は何をしたのか?

流刑地で世を去った15代王・光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝国王列伝15

光海君(クァンヘグン)が庶民のために行なった大同法とは何か

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)!統治能力の違いは?




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る