イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の妻の孝懿(ヒョイ)王后とは誰か?

公私のけじめ

孝懿王后は、王妃になった後も実に評判がいい女性だった。
姑の恵慶宮(ヘギョングン)は厳しい人だったが、孝懿王后はよく尽くし、その人柄の良さは宮中で誰もが尊敬するほどだった。
当時、王妃になると、宮中の高価な物を実家に送る例が多かった。そうやって、実家を裕福にしたのである。
しかし、孝懿王后はそういうことを一切しなかったと言われている。




そして、自分は質素な生活を続けた。
人間的にこれ以上の王妃はいなかった。
しかし、最後まで子供を宿すことはできなかった。後継ぎを側室に託さなければならない点は心苦しかったであろう。
1821年、68歳のときに亡くなった。
孝懿王后は今でも韓国で「もっとも徳があった王妃」として記憶されている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

名君だった22代王・正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝国王列伝22

危篤になる前のイ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は何を語ったか

朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

〔物語〕イ・サンは本当に毒殺されたのか




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る