張禧嬪(チャン・ヒビン)が女官から王妃に奇跡的な昇格!

粛宗が発した究極の言葉

朝鮮王朝時代には、地位のある人が妾を持ったりした。それでも正妻は絶対に嫉妬してはいけないという戒めがあった。
なにしろ、当時の法律によると、夫が抱えている妾に嫉妬しただけで妻は離縁されても文句が言えなかったのである。
粛宗はそれを根拠にして「とにかく仁顕王后が嫉妬深くて耐えられないので、廃妃(ペビ)にする」と宣言した。
その結果、仁顕王后は寂しく実家に帰されてしまう。




すぐに粛宗はまた高官たちを集めて、「今、王妃の座が空いている。これでは国が安定しない。民もみな新しい王妃を求めている」と言いだした。
とにかく粛宗は話が多い王であり、「朝鮮王朝実録」の中でもしゃべりまくっている。おそらく歴代王の中で一番言葉が多い王であったことだろう。
そんな彼から出てきた究極の言葉が「張禧嬪を王妃に昇格させたい」ということだった。こうして張禧嬪は、一介の女官から側室を経て王妃になったのである。
とはいえ、王妃でいられたのは5年にすぎなかったのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

張禧嬪について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著〔実業之日本社/900円+税〕)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

張禧嬪(チャン・ヒビン)こそが朝鮮王朝で一番有名な女性!

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)をぜひ王妃にしたかった!

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)を死罪にするとき何を語ったか

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子を後継者にしたかった!




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る