中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

王の裏で暴走した王妃

文定王后の悪行を、中宗はなぜ止められなかったのか。彼が国王として強い権力を発揮すれば、妻を制止することもできたはずなのに……。
1つは中宗の性格にある。
彼は、強いリーダーシップを発揮するというより、優柔不断で決断を周囲の人間にゆだねるところがあった。
さらには、自分の思うようにならない状況に陥って、政治に対する情熱を失ってしまっていた。
こうしたことが重なって、文定王后が数々の悪行を行なっても、中宗はそれを止める強い意志を持たなかった。




そういう中宗の性格や態度を見抜いて、文定王后はさらに悪行を重ねた。
仁宗を毒殺したのも間違いないと言われている。
王の裏で暴走した文定王后。彼女の存在そのものが、朝鮮王朝にとってあまりに不幸なことであった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供:「歴史カン・ヒボン」

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

中宗(チュンジョン)が燕山君(ヨンサングン)に代わって王になった日!

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

2人の悪女!文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

仁宗(インジョン)の毒殺を狙った文定(ムンジョン)王后の悪行とは?




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る