王妃側室列伝2「元敬王后(ウォンギョンワンフ)」

朝鮮王朝最高の聖君の母親

兄弟が処刑されるという悲劇を受けて、元敬王后は太宗を恨み続けた。
「王妃を廃妃にされたらいかがですか」
太宗の側近たちは 元敬王后を廃妃にするように求めてきた。
しかし、予想に反して太宗はそれを認めなかった。
夫婦仲は険悪だったのに、なぜ太宗は元敬王后を守ったのか。それは、彼女の内助の功を誰よりもよく知っていたからに違いない。
それでも、元敬王后は、実家を没落させられたり、四男の誠寧(ソンニョン)が14歳という若さで亡くなるなど、さびしく辛い人生を過ごした。
ただし、1418年に三男の忠寧(チュンニョン)が4代王・世宗(セジョン)として即位するのを見届けることができた。




それが、せめてもの幸せの瞬間であったかもしれない。
その2年後の1420年に元敬王后は55歳で亡くなった。彼女は結局、「太宗の妻」というより、「朝鮮王朝最高の聖君の母親」として歴史に名を残したのである。

文=康 大地(こう だいち)

王妃側室列伝1「神徳王后(シンドクワンフ)」

王妃側室列伝3「昭憲王后(ソホンワンフ)」

王妃側室列伝4「顕徳王后(ヒョンドクワンフ)」

王妃側室列伝5「貞熹王后(チョンヒワンフ)」

王妃側室列伝6「仁粋大妃(インステビ)」

元敬(ウォンギョン)王后!悲劇に見舞われた王妃




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る