激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)5「仁穆王后の主張」

娘を思う母の気持ち

仁穆王后は強硬に光海君の斬首を主張したのだが、最後まで綾陽君は受け入れる姿勢を見せなかった。
仁穆王后としては断腸の思いだったが、次第に考え方を変えていった。
「憎き奴の斬首を聞き入れられないのなら、その代わりに、娘の待遇を最高にしてもらおう」
仁穆王后は強くそう思った。
1603年生まれの貞明公主は、1623年にクーデターが成功したときに20歳になっていた。10代の間はずっと監禁状態にあったのである。
通常の王女であれば、10代前半に名家の御曹司と結婚するのが普通だった。しかし、西宮(ソグン)に幽閉されていた貞明公主は、過酷な生活を強いられ、結婚どころではなかった。




今は状況が変わった。綾陽君が新しく16代王・仁祖(インジョ)として即位して、仁穆王后は大妃(テビ)になり、庶民に降格になっていた貞明公主も王女の資格を取り戻した。
「娘に最高の生活を送らせてあげたい」
母として、仁穆王后はそのことを強く思った

(第6回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)4「光海君への恨み」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)6「20歳での結婚」

7男1女を育て82歳まで生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)の人生!




ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る