激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)7「悪化する立場」

窮地に現れた救世主

側近たちは違う意見だった。
「西宮(ソグン)に幽閉されているときに記した文に間違いございません。つまり、王の廃位は光海君(クァンヘグン)を指しているのです」
このように側近たちは上奏した。
しかし、仁祖は容易に疑いを解かなかった。
むしろ彼は、仁穆王后の娘の貞明公主をさらに怪しむようになった。
「もしや黒幕は貞明公主?」
病に苦しむ仁祖は、性格がますます暗くなり、とりわけ貞明公主を執拗に疑うようになった。
それによって、貞明公主の立場は悪くなる一方だった。




しかも、仁祖の寝殿のそばから実際に呪詛物(人骨や小動物の遺骸など)が発見された。こうなっては、貞明公主が処罰されるのは避けられなくなった。そんなときに救世主が現れた。
それが、高官の張維(チャン・ユ)であった。
(ページ4に続く)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)5「仁穆王后の主張」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)6「20歳での結婚」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)8「苦労の連続」




ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る