激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)10「翻弄された人生」

育てた子供は7男1女

仁祖の即位に貢献した功臣たちによって弁護され、貞明公主は処罰をまぬがれることができた。
しかし、手のひらをひるがえした仁祖に対しては不信感が募った。光海君の統治時代ほどではないが、仁穆王后にとっては、針のむしろに座らされているような日々が続いたのである。
偏屈な仁祖は1649年に世を去り、それ以後の貞明公主は平穏な日々を過ごした。歴代の王が丁重に応対してくれたおかげで、王族の長老女性として自尊心を保って暮らすことができた。
夫の洪柱元(ホン・ジュウォン)との間では、7男1女を育てた。息子たちはそれなりに出世して家門を高めた。




1672年に洪柱元は66歳で亡くなったが、その後も貞明公主は夫を供養しながら穏やかな日々を過ごした。
(ページ3に続く)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)7「悪化する立場」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)8「苦労の連続」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)9「絢爛たる生活」

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ページ上部へ戻る