朝鮮王朝の究極の五大偉人

ドラマの主人公になった2人

◆許浚(ホ・ジュン)
〔1546~1615年〕
14代王・宣祖(ソンジョ)の主治医を務めた。宣祖が亡くなったときに処罰されたが、時間に余裕ができたことで研究と執筆に没頭し、1610年に『東医宝鑑』を完成させた。この医学書は400年後の今でも東洋医学の医師が参考にするほどの名著。韓国は2009年にこの『東医宝鑑』をユネスコの世界記録遺産に登録している。

◆正祖(チョンジョ)
〔1752~1800年〕
22代王で、在位は1776~1800年。たぐいまれな知性と教養を持ち、奎章閣(キュジャンガク)という王室図書館を拠点に様々な政治改革を行なって成果をあげた。




まさに、朝鮮王朝の後期を代表する名君だった。また、米びつの中で餓死するという非業の死をとげた父(思悼〔サド〕世子)の名誉回復にも力を注いだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

最強の親子!イ・バンウォン(太宗〔テジョン〕)と世宗(セジョン)

武官の李舜臣(イ・スンシン)/朝鮮王朝の職業人列伝3

医官のホ・ジュン(許浚)/朝鮮王朝の職業人列伝1

名君だった22代王・正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝国王列伝22

危篤になる前のイ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は何を語ったか

朝鮮王朝の金字塔「ハングルの誕生」




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る