朝鮮王朝の強制退位させられた五大国王

残りの2人

◆光海君(クァンヘグン)
[1575~1641年]
15代王。在位は1608~1623年。14代王・宣祖(ソンジョ)の2男で、即位と同時に血の粛清に乗り出した。兄の臨海君(イメグン)を自決させ、異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺した。政治的業績は多かったと言われるが、身内を殺害した非道を問われて、1623年にクーデターで王位を追われた。最後は済州島(チェジュド)に流されて66歳で世を去った。

◆高宗(コジョン)
[1852~1919年]
26代王。在位は1863~1907年。19世紀後半の激動期に王位に就いていたが、日本や欧米諸国の干渉を受けて苦しい政治を強いられた。1897年、朝鮮王朝が大韓帝国と国号を変更したのにともない、初代皇帝に就任した。




1907年のハーグ密使事件(オランダのハーグで行なわれた平和会議に、日本による干渉の不当性を訴える密使を派遣した事件)の責任を問われ、日本の圧力で退位せざるをえなかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

弟の力を恐れた2代王・定宗(チョンジョン)/朝鮮王朝国王列伝2

王位が危うくなった端宗(タンジョン)は首陽大君(スヤンデグン)を牽制した!

燕山君(ヨンサングン)の悪行!朝鮮王朝事件史1

光海君(クァンヘグン)の栄光と転落/朝鮮王朝人物実録1

朝鮮王朝の在位が短い五大国王

朝鮮王朝の無念の五大国王




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る