朝鮮王朝の慈愛に包まれた五大王妃

次の2人

昭憲王后(ソホンワンフ)
[1395~1446年]
4代王・世宗(セジョン)の正妻。名家の出身で、13歳のときに世宗と結婚した。性格が温和で、王妃にふさわしい女性だった。世宗との間に10人もの子を産み、そのうちの8人は男子だった。ただし、世宗の父の太宗(テジョン)は、彼女の実家が外戚として力をつけすぎたことを警戒して没落させた。

仁顕王后(イニョンワンフ)
[1667~1701年]
19代王・粛宗(スクチョン)の正妻。粛宗が張禧嬪(チャン・ヒビン)を寵愛したために、1689年に廃妃となってしまうが、1694年に復位を果たした。




誰からも慕われたが、病弱で子供を産むことができず、1701年に34歳で亡くなった。時代劇『トンイ』では慈愛に満ちた王妃として描かれている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

王妃側室列伝4「顕徳王后(ヒョンドクワンフ)」

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の妻の孝懿(ヒョウイ)王后とは誰か?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

王妃側室列伝3「昭憲王后(ソホンワンフ)」

粛宗(スクチョン)は仁顕(イニョン)王后を廃妃にするとき何を語ったか

粛宗(スクチョン)は仁顕(イニョン)王后を王妃に戻すとき何を語ったか




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る