文定(ムンジョン)王后の悪政

 

11代王の中宗(チュンジョン)と文宗(ムンジョン)王后との間には、1532年に息子が生まれます。この息子を文定王后は溺愛しましたが、中宗にはすでに二番目の正室だった章敬(チャンギョン)王后との間に生まれた長男がいて、この長男が世子(セジャ/王の正式な後継者)になっていました。結果的に、三番目の正室である文定王后の息子が王になることはできません。




度を越した親孝行

文定王后は希代の悪女です。
彼女は自分の息子を王にするために、世子を何度も殺そうとします。しまいには、世子の寝室に火を放って焼死させようとしました。
それなのに、世子は継母である文定王后を怨んだりしません。むしろ、「母が自分を殺そうとするなら、儒教の教えにのっとって、孝を尽くすためにこのまま死んでみせる」と言って、火事になっても逃げないのです。
確かに親孝行なのですが、度を越えすぎています。やはり、放火されたらすぐに逃げなくてはいけません。
中宗は1544年に56歳で亡くなり、世子が12代王・仁宗(インジョン)として即位します。
名君になる素質は十分だったのですが、仁宗は在位わずか8カ月で急死します。継母の文定王后に毒殺された可能性が高いと見られています。




実際に、文定王后を訪ねた際に餅を食べたのですが、その直後から重病になって命を落としています。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

仁宗(インジョン)の毒殺を狙った文定(ムンジョン)王后の悪行とは?

悪の手先だった鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝人物実録7

文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)を不幸にした!

史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る