景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1

 

1392年、李成桂(イ・ソンゲ/初代王の太祖〔テジョ〕)は朝鮮王朝を建国しました。首都の漢陽(ハニャン)は、現在のソウルです。王朝の拠点となる王宮の建設は、1395年に始まりました。

正門の光化門(クァンファムン)

正殿の勤政殿(クンジョンジョン)

王の寝室だった康寧殿(カンニョンジョン)




1592年に焼失

王宮の正式名称は「景福宮(キョンボックン)」です。その命名には、「大きな福を迎える」という意味があります。
その“福”が続いたのは1592年まででした。
1592年には朝鮮出兵が起こり、豊臣軍との戦乱の最中に景福宮は燃え尽きてしまいます。
以後、正宮は他に移り、景福宮は放置されたままでしたが、1865年、王の威厳を強めようとした26代王・高宗(コジョン)の父の手によって再建されました。(ページ2に続く)

昌徳宮(チャンドックン)/朝鮮王朝王宮探訪2

朝鮮王朝の年表1〔1392-1446年〕

朝鮮王朝の建国!激動の朝鮮王朝史1

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る