英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

 

1762年5月22日、思悼世子(サドセジャ)が住む東宮で働く羅景彦(ナ・ギョンオン)が「世子が謀反をたくらんでいます」と訴え出てきた。報告を受けた英祖(ヨンジョ)は驚愕し、思悼世子を呼びつけた。

恐ろしい形相

思悼世子が英祖の寝殿に入ってきて前庭で平伏した。
英祖は思悼世子を叱りつけた。
「お前は本当に、王の孫の母(思悼世子の子供を産んだ側室をさしていると思われる)を殺したり、宮中を抜け出して遊び歩いたりしているのか。世子なのに、どうしてそんなことができるのか」




荘献はただ地面に伏してうなだれているしかなかった。
英祖の怒気を含んだ言葉が続く。
「側近の者たちが余に何も知らせなかったが、もし羅景彦がいなかったら、余がどうやってそれを知ることができたのか。王の孫の母は余も大変気に入っていたのに、どうして殺したりしたのか。こんなことをしていて、国が滅びないとでも言えるのか」
英祖は恐ろしい形相だった。(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)の生涯1/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたのか

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

巨悪だった貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝悪女列伝6



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る