『テバク』の歴史解説/粛宗(スクチョン)の後継者争い

 

韓国版の『テバク』第10話は、1717年の朝鮮王朝が舞台になっていた。当時は、19代王・粛宗(スクチョン)の後継者争いが大変激化していた。それは『テバク』のストーリーで描かれている通りである。この時期はどんな情勢になっていたのか。史実をひもといてみよう。

『テバク』で粛宗(スクチョン)を演じたのは名優のチェ・ミンスだ(写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより)

3人の王子

第9話から新たに登場したのが、イ・ジェヨンが演じる金昌集(キム・チャンジプ)という人物である。
彼は領議政(ヨンイジョン)という朝鮮王朝の総理大臣を務めた大物で、『テバク』では清国に使節として派遣されていて帰国したという設定になっていた。それは史実に合ったことである。
この金昌集は老論(ノロン)派の重鎮だった。当時、老論派はヨニングン(淑嬪〔スクピン〕・崔〔チェ〕氏の息子)を後押ししていた。




一方、少論(ソロン)派は景宗(キョンジョン/張禧嬪〔チャン・ヒビン〕の息子)を支持していた。こうして、粛宗の後継者争いの中で老論派と少論派は激しく対立していたのである。
ただし、ヨニングンにとって金昌集の存在は大きかった。彼が粛宗の信頼を得ていたからである。
ただし、粛宗も一筋縄ではいかない王であった。彼は、自分の後継者として景宗では物足りないと思っていた。
それだけに、弟とはいえ、まだヨニングンや延齢君(ヨンニョングン)にも王になるチャンスがあった。
ちなみに、延齢君は粛宗が寵愛する側室から生まれた王子である。景宗やヨニングンから見れば異母弟にあたる。(ページ2に続く)

『テバク』に登場する粛宗(スクチョン)の息子たちの運命は?

李麟佐(イ・インジャ)とは誰なのか/『テバク』の鍵を握る男

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)を死罪にするとき何を語ったか

〔物語〕張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る