粛宗(スクチョン)が激怒した張禧嬪(チャン・ヒビン)の母親侮辱事件!

それは1688年10月のことだった。王宮に8人の男が担ぐ屋根つきの輿(こし)が入ってきた。屋根つきの輿、といえば、相当な身分の人が乗るものだ。しかし、実際に乗っていたのは平民だった。

国王を侮辱したのと同じ

屋根つきの輿を見た司憲府(サホンブ/官僚の不正を糾弾して風紀を守る役所)の高官たちが、配下の者たちに命じて女性を輿から引きずり降ろし、輿をむざんに焼き捨ててしまった。
女性からすれば屈辱的な仕打ちである。しかし、司憲府の高官たちは当然という顔をしただけでなく、平民が屋根つきの輿で宮中に入ろうとした行為を厳しく罰しようとした。




このことを知った粛宗(スクチョン)は、激怒した。
「王子の祖母に対して、なんということをするのか」
女性は張禧嬪(チャン・ヒビン)の実母で、娘の産後の世話をするために王宮の中に入ろうとしていたのであった。
当時の張禧嬪は従一品の品階を持っていて粛宗の息子を産んでいた。母親は平民として宮中に入ろうとしたのではなく、従一品の女性の母親として屋根つきの輿に乗っていたのである。
司憲府のやり方は、国王を侮辱したのと同じことだった(ページ2に続く)。




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る