仁祖(インジョ)の狡猾な性格が貞明(チョンミョン)公主を追い詰めた!

 

1623年にクーデターを成功させて16代王になった仁祖(インジョ)は、貞明(チョンミョン)公主をとても優遇した。なぜなら、貞明公主が仁穆(インモク)王后の娘だったからだ。仁祖が朝鮮王朝の正統的な君主であることを許可したのは仁穆王后であり、仁祖には仁穆王后のご機嫌を取らなければならない切実な理由があった。それが、貞明公主を特別な待遇にすることにつながった。





仁祖の疑心暗鬼

貞明公主が高官の息子であった洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚したのは、仁祖の強い後押しがあったからだった。
さらに、仁祖は貞明公主に豪華な屋敷と広大な土地を与えている。仁祖はそこまで気をつかっていたのである。
しかし、そんな仁祖が手のひらを返すときがやってくる。それは、仁穆王后が1632年に48歳で亡くなったあとだった。
仁祖はとたんに貞明公主に冷たくなった。まるで「もう用はない」という態度を取るようになったのだ。
このあたりは、仁祖の狡猾な性格が見え隠れしている。
その後、仁祖が貞明公主に対して呪詛(じゅそ)を疑う事件が起こっている。




仁祖が急に体調を悪化させたときに「誰かに呪詛されている」と思い始め、その犯人として貞明公主を疑ったのである。
そのときは重臣が「貞明公主に疑いをかけてはなりませぬ」と強く主張して、貞明公主は処罰されることを免れた。
しかし、仁祖は執拗だった。
(ページ2に続く)

最大の屈辱を受けた16代王・仁祖(インジョ)/朝鮮王朝国王列伝16

仁祖(インジョ)の屈辱を象徴する三田渡(サムジョンド)の碑!

仁祖(インジョ)はなぜ趙氏(チョシ)をあれほど寵愛したのか

数々の悲劇に耐えた貞明(チョンミョン)公主!

貞明(チョンミョン)公主の危機!仁祖に執拗にいじめられた




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る