朝鮮王朝の強制退位させられた五大国王

 

朝鮮王朝には27人の国王がいたが、その中で在位中に強制的に退位させられた人が5人いる。それは、定宗(チョンジョン)、端宗(タンジョン)、燕山君(ヨンサングン)、光海君(クァンヘグン)、高宗(コジョン)である。




最初の3人

◆定宗(チョンジョン)
[1357~1419年]
2代王。在位は1398~1400年。李成桂(イ・ソンゲ)の2男・芳果(バングァ)のことであり、父の後を継いで王となった。しかし、実権を弟の芳遠(バンウォン)に握られて、独自の王政ができなかった。1400年に芳遠によって退位させられてしまい、以後はひっそりと暮らした。

◆端宗(タンジョン)
[1441~1457年]
6代王。在位は1452~1455年。5代王・文宗(ムンジョン)の長男として、わずか11歳で王となる。1455年、叔父の世祖(セジョ)に脅(おど)かされる形で王位を譲り、上王となるも権限はなかった。復位の動きを警戒した世祖は端宗を庶民に降格させた後、1457年に殺害した。




◆燕山君(ヨンサングン)
[1476~1506年]
10代王。在位は1494~1506年。9代王・成宗(ソンジョン)の長男として生まれた。元来が粗暴な性格で、王朝最悪の暴君と言われた。悲惨な虐殺事件も起こしている。1506年にクーデターによって王位を追われ、同年に流配先の江華島(カンファド)で世を去った。
(ページ2に続く)

弟の力を恐れた2代王・定宗(チョンジョン)/朝鮮王朝国王列伝2

王位が危うくなった端宗(タンジョン)は首陽大君(スヤンデグン)を牽制した!

燕山君(ヨンサングン)の悪行!朝鮮王朝事件史1

光海君(クァンヘグン)の栄光と転落/朝鮮王朝人物実録1

朝鮮王朝の在位が短い五大国王

朝鮮王朝の無念の五大国王



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る