光海君(クァンヘグン)の妻と息子夫婦は悲惨な最期を遂げた!

 

1623年にクーデターで王宮を追われた光海君(クァンヘグン)。廃位になってしまった彼は、妻や息子夫婦と一緒に江華島(カンファド)に流罪となった。その後、妻と息子夫婦はどうなったのだろうか。




斬首の危機

光海君がクーデターで王宮を追われた後、新しい王位には16代王・仁祖(インジョ)が就いた。この仁祖に対して執拗に光海君の斬首を主張したのが仁穆(インモク)王后だった。
仁穆王后は、光海君の父である14代王・宣祖(ソンジョ)の二番目の正室であり、光海君にとっては継母に当たっていた。
しかし、彼女が産んだ永昌大君(ヨンチャンデグン)は光海君の一派に命を奪われ、仁穆王后も娘の貞明(チョンミョン)公主と一緒に西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されてしまった。
光海君をとことん恨んでいたのが仁穆王后である。それだけに、廃位となった光海君の斬首を強硬に主張した。
しかし、仁祖としては、先の国王を斬首すれば民衆の支持を絶対に得られないと考え、仁穆王后の願いを聞き入れなかった。
結局、光海君の一家は都からも近い江華島に流罪となったが、その後に悲惨な最期を遂げた人が多かった。




光海君の息子である世子(セジャ/国王の正式な後継者)は20代になっていたが、江華島に隔離された後、その境遇に我慢ならず逃亡を図った。さらには、再び王位を目指して反逆を企てていたことも発覚した。
この罪を問われて世子は死罪となった。その直後には、世子嬪(セジャビン/世子の妻)も自害している。
世子夫婦の死を聞いた廃妃(ペビ)・柳(ユ)氏は、悲しみのどん底に突き落とされてしまった。
彼女は、自らも王妃から転落したうえに最愛の息子を失い、もうこれ以上生きる気力を失った。
その末に、廃妃・柳氏は首を吊って命を絶った。
妻と息子夫婦を失った光海君。彼は、それでも生き延びようとした。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が庶民のために行なった大同法とは何か

仁穆(インモク)王后の悲願は光海君(クァンヘグン)の斬首だった!

光海君は廃位になるほどの悪政をしたのか?

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)!統治能力の違いは?

廃位となった光海君(クァンヘグン)の最期の地は済州島だった!




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る