光海君(クァンヘグン)は暴君なのか?名君なのか?

 

光海君は14代王・宣祖(ソンジョ)の二男として1575年に生まれた。兄は臨海君(イメグン)である。この兄弟は朝鮮出兵のときに対照的な立場になった。臨海君は義兵を募る目的で地方に行ったとき、加藤清正の捕虜になってしまった。これは、大変な屈辱だった。一方の光海君は、義兵を集めて大きな功績をあげた。戦乱の中で、兄弟は天と地ほど評価が分かれた。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

統治者としては有能

世子となったのは弟の光海君だった。
ここから光海君の本当の苦悩が始まった。彼は宣祖が亡くなった1608年に父を継いで国王となったが、王位は安泰ではなかった。臨海君が執拗に光海君を批判したからだ。結局、光海君の側近が1609年に臨海君の命を奪った。
一度、骨肉の争いが起きると、それは連鎖していく。1614年には光海君の異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)も殺されてしまった。
兄弟2人の殺害に、光海君はどこまで関与していたのか。たとえ側近が過剰に反応して行なったとはいえ、最終責任は光海君にある。彼が「非道」のそしりを受けるのは仕方がなかった。
しかし、光海君は、統治者としては有能だった。
朝鮮出兵で荒れた国土の復興に努力し、燃え尽きた王宮の再建も果たした。




また、国防を強化し、北方の強国「後金」との外交でも巧みな手腕を見せた。
さらには、納税制度を改善して庶民の税負担を軽減させようとした。これは画期的な試みだった。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が庶民のために行なった大同法とは何か

仁穆(インモク)王后の悲願は光海君(クァンヘグン)の斬首だった!

光海君は廃位になるほどの悪政をしたのか?

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)!統治能力の違いは?

廃位となった光海君(クァンヘグン)の最期の地は済州島だった!




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る