朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

 

朝鮮王朝後期の名君だった正祖(チョンジョ)は、1780年に急の発熱で危篤状態に陥ってしまいました。

◆1780年6月28日の記述1

(正祖が危篤になると、祖母の貞純〔チョンスン〕王后が急に現れて、正祖の側近たちに言った)
「今回の主上(チュサン/正祖のこと)の病状は先代王(英祖のこと)のときと似ている。(先代王は回復したので)そのときに差し上げた薬を調べ、医官たちで相談して良い薬をさしあげるようにせよ」




「主上の病状は中風のようなのだが、(医官も)適切な薬を差し上げることもできないで、一体どういうわけなのか」
左議政(チャウィジョン/副総理)の沈煥之(シム・ファンジ)が答えた。
「今や殿下は危篤状態でございます。申し上げる言葉を失っているような状況になっておいでです」

朝鮮王朝実録を読む5/「張禧嬪の死罪」と「荘献の餓死」

朝鮮王朝実録を読む1/「王子の乱」と「ハングルの公布」

朝鮮王朝実録を読む2/「首陽大君の反乱」と「死六臣」




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る