顕徳(ヒョンドク)王后/朝鮮王朝美女物語9

 

朝鮮王朝最高の名君と称される4代王の世宗(セジョン)。その長男が文宗(ムンジョン)である。彼は1人の美しい女性をこよなく愛した。それが、後の顕徳(ヒョンドク)王后であった。

写真=植村誠



恨み骨髄まで

文宗と顕徳王后の間に最初に生まれた子供が敬恵(キョンヘ)公主(コンジュ)だ。
彼女は、朝鮮王朝で一番美しい王女だったと言われている。
そして、2人目の子供が1441年に生まれた長男だ。それが後の6代王・端宗(タンジョン)である。
しかし、あってはならない不幸が起こってしまった。顕徳王后が出産からほどなくして亡くなってしまったのだ。
文宗は顕徳王后の死後に新たな正室をもとうとしなかった。それほどに顕徳王后を愛していたのだ。
いずれにしても、文宗の息子は端宗ただ1人だった。
文宗が1452年に在位わずか2年で世を去ると、端宗が11歳で即位したが、この幼い王は叔父から王位を奪われてしまった。その叔父というのが、文宗の弟であった世祖(セジョ)である。結局、端宗は世祖によって死罪にさせられてしまった。
その後、端宗の母であった顕徳王后が世祖の夢の中に現れて執拗に呪った。





思えば、兄嫁であった顕徳王后が世祖に恨みを抱くのは当然のことだった。我が子は世祖に王位を奪われたあと殺されているし、実家の母と弟は端宗復権騒動に関わったとして死罪になり、父も身分を落とされていた。その憎悪は“恨み骨髄まで”という表現でも足りないほどであったことだろう。
世祖が夢の中で顕徳王后に罵倒されてから、彼の周囲では不幸が重なるようになった。慟哭の出来事は1457年、長男の懿敬(ウィギョン)世子がわずか19歳で亡くなったことだ。
(ページ2に続く)

昭憲(ソホン)王后/朝鮮王朝美女物語10

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

短命だった5代王・文宗(ムンジョン)/朝鮮王朝国王列伝5

端宗(タンジョン)の哀しい最期!朝鮮王朝五大悲劇1

決起した首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)は何をしたか



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る