決起した首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)は何をしたか

 

首陽大君(スヤンデグン)は甥の端宗(タンジョン)から王位を奪う野心を秘めていた。そして、いよいよ自分が行動を起こす時期に来ていることを悟った首陽大君は、1453年10月10日に側近たちを自邸に集めて決起集会を開いた。





従者は二人

首陽大君は声を荒らげた。
「私はお前たちを戦いに強要したりしない。従わない者はいますぐ去るがいい。だが、もし私の邪魔をする者がいるのなら、この場で首をはねてやる!」
首陽大君の気迫がすごかった。
それは当然のことだ。自分が王になれるかどうかの瀬戸際だっただけに、首陽大君は命をかけて同志を奮い立たせた。
それでも、口実をもうけて裏口から逃げてしまう者もいた。
人間は、いざとなると命を惜しむものであり、首陽大君に勝ち目がないと思った同志がいたのも事実だった。
首陽大君は落胆したが、それでも彼の気迫は萎(な)えなかった。
「ここが正念場だ。まずは憎き金宗瑞(キム・ジョンソ)を討つ!」




そう決断した首陽大君は、端宗の最大の後見人である金宗瑞の屋敷に自ら乗り込んでいこうとした。同志たちが彼の後を追ったが、直接的に首陽大君が従者にしたのは二人だけだった。
あまりに人数が多いと怪しまれるので、首陽大君はあえて従者を二人にしぼったのだ。その二人はそれぞれ鉄槌と刀を隠し持っていた。
(ページ2に続く)

非道な7代王・世祖(セジョ)/朝鮮王朝国王列伝7

首陽大君(スヤンデグン)が起こした癸酉靖難(ケユジョンナン)とは何か

首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)はなぜ政変を起こしたのか

世渡り上手で大出世した韓明澮(ハン・ミョンフェ)!

端宗(タンジョン)の哀しい最期!朝鮮王朝五大悲劇1



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る