鄭道伝(チョン・ドジョン)が太宗(テジョン)に殺された「王子の乱」

 

朝鮮王朝を開国した初代王・太祖(テジョ=李成桂イ・ソンゲ)。その陰には太祖をあらゆる面で支える男がいた。それが鄭道伝(チョン・ドジョン)だ。しかし、王位継承をめぐる争いの中で、鄭道伝の命運は尽きてしまう。




朝鮮王朝が開国

1388年、高麗王朝は中国大陸の大国・明の相次ぐ侵略に腹をたて、明と戦う決意を固めた。ときの高麗王は、最高の武将である李成桂(イ・ソンゲ)に、10万の大軍を指揮するように命じた。
しかし、李成桂は大国と戦うことに意義を見出せず、任された軍隊を率いて逆に高麗の首都を攻撃。高麗王を追放して最大の権力を手中に収めた。李成桂はお飾りの王をたて、裏では自身の権力基盤を強化していった。
李成桂は特に武将時代から親交の厚かった鄭道伝(チョン・ドジョン)を重用し、国の重臣へと推薦していった。しかし、1392年の春、李成桂は狩猟中に落馬して床に伏せてしまった。すると、高麗王を擁護する鄭夢周(チョン・モンジュ)の一派が巻き返しを図り、鄭道伝を弾劾して朝廷から追い出してしまった。
その狙いが李成桂の失脚だと感じた芳遠(バンウォン=李成桂の五男)は、自ら進んで鄭夢周を殺害した。




こうして、最大の敵対勢力を排除した李成桂は、周囲の推戴もあり、1392年に朝鮮王朝を開国し、初代王・太祖(テジョ)となった。
また、芳遠に助けられた鄭道伝は、太祖の右腕として手腕を振るうようになった。
(ページ2に続く)

太宗(テジョン)の剛腕!朝鮮王朝事件史11

神徳(シンドク)王后を異様に憎んだ太宗(テジョン)!

太宗(テジョン/李芳遠〔イ・バンウォン〕)と元敬(ウォンギョン)王后の確執!

最強の親子!イ・バンウォン(太宗〔テジョン〕)と世宗(セジョン)

王朝の基盤を作った太宗(テジョン)!激動の朝鮮王朝史2




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る