張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女物語4

「朝鮮王朝三大悪女」の1人、張禧嬪(チャン・ヒビン)。その強烈な生き様は後世の人たちを魅了し続けている。彼女は、多くの時代劇に登場しては、主役級の輝きを見せている。史実の彼女は、いったいどんな女性なのでしょうか。

悪女としての本性

張禧嬪は貧しい家庭に生まれ、やがて宮女になる。宮中に入ると、19代王・粛宗(スクチョン)に見初められ、側室の1人に指名された。
とにかく、張禧嬪は当時の王宮で一番の美女だった。
朝鮮王朝の正式な歴史書であった『朝鮮王朝実録』は、女性の容姿についてはまったく触れないのが原則だったが、例外的に張禧嬪だけは「大変な美人」と書いている。
史官が歴史書に書き残すほどの美女であったのは間違いない。それだけに、粛宗が寵愛するのも無理はなかった。




当時、粛宗の正室は仁顕(イニョン)王后だが、彼女は病弱で床に伏す日が多く、子宝に恵まれなかった。1688年、張禧嬪は粛宗との間に息子を授かる。初の男子誕生に粛宗は喜び、すぐにその子を世子(王の後継者)に指名した。
こうなると、粛宗の関心は仁顕王后より、張禧嬪に傾いていく。張禧嬪は粛宗を誘導し、仁顕王后を庶民に格下げさせて、王宮から追放する。こうして張禧嬪は、粛宗の正室に昇格した。
正室となった張禧嬪は王宮を支配し、悪女としての本性を発揮する。粛宗の心の中には、張禧嬪を正室にしたことへの後悔と、仁顕王后を憐れむ気持ちが生まれていた(ページ2に続く)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2

敬恵(キョンヘ)王女/朝鮮王朝美女物語3



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る